補助金採択実績
Subsidy Adoption Outcomes

補助金採択実績

平成28年度サポイン事業(戦略的基盤技術高度化支援事業)

貨物トラックなどの業務車両オペレータの安心・安全な労働環境実現を目的とした、統合バイタル情報解析システムの研究開発を行いました。 本システムは、緊張や驚き、大きな明暗差等の身体への大きな物理作用により起こる精神性発汗と運転手の動作状況データを計測し、統合的に解析することで業務適正やストレス度・緊張度の定量化を行うものです。 解析結果は自然言語による診断レポートとして情報提供されます。計測を繰り返しデータを蓄積するほど正確な分析結果に繋がります。 定性的なアドバイスや本人の自己申告ではなく、「見える化」された定量的かつ具体的な評価を共有することで事故・労働災害の未然防止に加え、業務適正の正確な判断基準の提供や、加齢による自己能力の変化把握等の実現が見込まれます。

SCR(統合バイタル計測機)

       

平成25年度補正中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業

プログラマブルICであるPSoC*を活用し、パッケージングされた量産ハードウェアでありながら接続機器により仕様変更を可能とするソフトウェア的特性も併せ持つ汎用データ送信モジュールを試作するとともに、その対向となるデータ受信クラウドの開発を行いました。各種機器から収集したデータをPSoCが内蔵された汎用データ送信モジュールへ送り、データ受信クラウドから、各機器へリアルタイムデータを送ります。マーケットイメージとして、ガソリンスタンド等におけるセルフリサイクルステーションの収集状況通知や建築現場での建設廃材の重量通知、スマートアグリにおける各種データ収集を想定し開発を行いました。特定の顧客層ではなく、幅広い展開をすることができます。
*PSoCはサイプレス社の登録商標です。

       

本事業における試作品
多様な周辺機器との組み合わせが可能
タッチパネル、ハードウェアボタン、液晶表示等、必要に応じて組み合わせが可能です。
小型化が可能
最もシンプルなパターンであれば、かなりの小型化が可能で搭載可能場所が広がります。
OS不要
OSが不要のため、省電力に加えて高速な処理が可能です。

平成25年度小規模事業者活性化補助金事業

放送用機材(カメラ、マイク、照明等)を自社所有する映像プロダクションに向けた、 各種機材のより円滑な運用と適切な資産・備品管理に特化し、導入後ネットワークにつなぐだけですぐに使い始めることのできる、 システム管理者不要のソフトウェア組込済みワンパッケージ型機器(システムアプライアンス)の開発・販売を行いました。 高価で進歩発展が早い放送用機器は継続的な更新を行う必要があります。放送用機材を所有する映像プロダクションが限られた機材を効率的に運用し、 さらに確実な管理(持ち出し、返却、固定資産台帳管理等)を実現できる支援システムを開発しました。

        

STEPS!(技術機器運用支援システム)
放送用機器の予約
機器を簡単に検索し、スケジュール表を見ながら対話的に予約ができます。 最小限の登録項目で急な持出時にも手間をとらせません。
機器管理
機器情報を登録管理します。写真の他、仕様書等の資料なども機材にひもづけて登録、表示することが可能です。          
予約済み番組詳細
持出予定の機材一覧し、出庫の登録/入庫の登録が可能です。各種帳票も出力できます。